慰謝料を増やす方法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

損害賠償にはいくつかの基準があります。交通事故が発生した時、警察に連絡を入れると同時に、加入している自動車保険会社にも連絡をします。事故の被害に遭ったことを報告すると、過失の割合に応じて保険会社の担当者が動いてくれます。被害者には過失はなく、加害者の過失が100%だった場合は、被害者側の保険会社は介入しませんが、双方に過失があった場合は保険会社同士で交渉に入ります。

電卓示談交渉はスムーズに行くものばかりではないので、中には到底納得できない金額を提示してくることもあります。こういう場合示談で話にならないので、弁護士に相談し裁判へと持ち込みます。弁護士が介入し裁判に持ち込むことにより、損害賠償の基準を弁護士基準で請求することができるようになります。

損害賠償の基準は自賠責保険・任意保険・弁護士の3種類あって、弁護士基準が一番高額になるので裁判に持ち込むことで、示談よりも多くの損害賠償請求ができるのです。ただし示談で十分納得の行く金額を提示され、相手も誠意ある謝罪をしている場合は、示談にすることが多いです。裁判に持ち込めば多くの損害賠償を請求できますが、その分時間と費用がかかりますので、メリットばかりとは限りません。

→→→弁護士の選び方