慰謝料の手続きや流れ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故の被害者になったら、加害者に対して損害賠償を請求することができます。損害賠償には慰謝料も含まれますが、どのようにして損害賠償請求をするのか、実際に慰謝料などが支払われるのにどんな手続きが必要なのか、その流れを追ってみましょう。

警察まず交通事故が発生したら、警察に通報します。その時加入している自動車保険会社にも連絡を入れます。交通事故の場合、加害者だけが悪いイメージを持たれがちですが、被害者側の過失の割合により、その後の流れは変わってきます。加害者の過失が100%だった場合は、被害者側の保険会社は介入しませんので、加害者側の保険会社の担当者と交渉することになります。被害者にも過失があった場合は、双方の保険会社の担当者同士の交渉となります。

この場合の交渉というのは、示談交渉のことです。事故の原因や状態、過失により損害賠償額は変わってきますので、それを幾らにするかを交渉するのです。被害者に過失がないにも関わらず、加害者側が誠意を示さない場合、示談は成立しませんので裁判に持ち込むことになります。裁判に持ち込む場合は弁護士を立てますので、弁護士費用が必要になりますが、弁護士が介入することにより、損害賠償額が増える可能性が高くなります。

→→→慰謝料を増やす方法