弁護士の選び方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士バッチ
出典 (弁護士法人アディーレ_交通事故相談

交通事故の被害に遭い示談では解決しない場合は、裁判に持ち込みます。弁護士を立てて裁判するとなるとかなりおおごとに思えますが、損害賠償額を増やすこともできるので、弁護に依頼するメリットはあります。ただし弁護士にも得意分野というものがあるので、交通事故の損害賠償に強い弁護士、実績が多い弁護士を探すのがポイントです

実績が多いほど、いろいろなケースを扱っているので経験はもちろん知識も豊富ということです。相談するだけでもいいアドバイスをもらえますが、裁判になった場合は弁護士の助けが必要ですから、心強い味方となってくれます。

交通事故の被害者になった場合は、ショックも大きいですし、怪我をしている場合は精神的にも肉体的にも弱っている状態です。そんな中加害者側の保険会社の人と話をするというのも辛いものがあります。

加害者の過失が100%だった場合、自分が加入している保険会社は動けませんので、交渉どころではないことも多いです。こういう時に、交通事故の損害賠償に強い弁護士がいるだけで、かなり気持ちは楽になります。弁護士に依頼するタイミングはいくつかありますが、保険会社と示談交渉をする段階で弁護士を立てると、交渉がしやすくなります