弁護士の選び方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士バッチ
出典 (弁護士法人アディーレ_交通事故相談

交通事故の被害に遭い示談では解決しない場合は、裁判に持ち込みます。弁護士を立てて裁判するとなるとかなりおおごとに思えますが、損害賠償額を増やすこともできるので、弁護に依頼するメリットはあります。ただし弁護士にも得意分野というものがあるので、交通事故の損害賠償に強い弁護士、実績が多い弁護士を探すのがポイントです

実績が多いほど、いろいろなケースを扱っているので経験はもちろん知識も豊富ということです。相談するだけでもいいアドバイスをもらえますが、裁判になった場合は弁護士の助けが必要ですから、心強い味方となってくれます。

交通事故の被害者になった場合は、ショックも大きいですし、怪我をしている場合は精神的にも肉体的にも弱っている状態です。そんな中加害者側の保険会社の人と話をするというのも辛いものがあります。

加害者の過失が100%だった場合、自分が加入している保険会社は動けませんので、交渉どころではないことも多いです。こういう時に、交通事故の損害賠償に強い弁護士がいるだけで、かなり気持ちは楽になります。弁護士に依頼するタイミングはいくつかありますが、保険会社と示談交渉をする段階で弁護士を立てると、交渉がしやすくなります

慰謝料を増やす方法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

損害賠償にはいくつかの基準があります。交通事故が発生した時、警察に連絡を入れると同時に、加入している自動車保険会社にも連絡をします。事故の被害に遭ったことを報告すると、過失の割合に応じて保険会社の担当者が動いてくれます。被害者には過失はなく、加害者の過失が100%だった場合は、被害者側の保険会社は介入しませんが、双方に過失があった場合は保険会社同士で交渉に入ります。

電卓示談交渉はスムーズに行くものばかりではないので、中には到底納得できない金額を提示してくることもあります。こういう場合示談で話にならないので、弁護士に相談し裁判へと持ち込みます。弁護士が介入し裁判に持ち込むことにより、損害賠償の基準を弁護士基準で請求することができるようになります。

損害賠償の基準は自賠責保険・任意保険・弁護士の3種類あって、弁護士基準が一番高額になるので裁判に持ち込むことで、示談よりも多くの損害賠償請求ができるのです。ただし示談で十分納得の行く金額を提示され、相手も誠意ある謝罪をしている場合は、示談にすることが多いです。裁判に持ち込めば多くの損害賠償を請求できますが、その分時間と費用がかかりますので、メリットばかりとは限りません。

→→→弁護士の選び方

慰謝料の手続きや流れ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故の被害者になったら、加害者に対して損害賠償を請求することができます。損害賠償には慰謝料も含まれますが、どのようにして損害賠償請求をするのか、実際に慰謝料などが支払われるのにどんな手続きが必要なのか、その流れを追ってみましょう。

警察まず交通事故が発生したら、警察に通報します。その時加入している自動車保険会社にも連絡を入れます。交通事故の場合、加害者だけが悪いイメージを持たれがちですが、被害者側の過失の割合により、その後の流れは変わってきます。加害者の過失が100%だった場合は、被害者側の保険会社は介入しませんので、加害者側の保険会社の担当者と交渉することになります。被害者にも過失があった場合は、双方の保険会社の担当者同士の交渉となります。

この場合の交渉というのは、示談交渉のことです。事故の原因や状態、過失により損害賠償額は変わってきますので、それを幾らにするかを交渉するのです。被害者に過失がないにも関わらず、加害者側が誠意を示さない場合、示談は成立しませんので裁判に持ち込むことになります。裁判に持ち込む場合は弁護士を立てますので、弁護士費用が必要になりますが、弁護士が介入することにより、損害賠償額が増える可能性が高くなります。

→→→慰謝料を増やす方法

慰謝料の種類

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故の被害に遭った時、被害者は加害者に対して慰謝料の請求ができます。一般的に慰謝料というと、交通事故の被害に遭ったことによる精神的や肉体的苦痛に対して支払われるお金というイメージがあります。しかし慰謝料には他にもいくつか種類があり、それぞれ条件はありますが、交通事故の被害者から加害者に、損害賠償として請求することができます。

けが慰謝料というのは精神的ショックや、怪我をした肉体的な苦痛に対し支払われるものです。慰謝料以外には、積極損害・消極損害・物的損害というものがあり、それぞれに条件が当てはまっていれば慰謝料とは別に、損害賠償請求ができます。積極損害というのは、怪我をした場合の通院や入院、治療費、手術をした場合の手術費、リハビリなどにかかった費用が含まれます。被害者が交通事故が原因で亡くなった場合は、積極損害として葬儀費用の請求も可能です。

消極損害は、交通事故の怪我により仕事を休まなければいけなくなった場合、仕事をしていれば得られたはずの給料を請求できる休業損害、怪我により後遺障害が残り今までのように働けなくなった場合の後遺障害慰謝料等が含まれます。

物的損害は交通事故で車やバイクなどの物が壊れた場合に、修理や買い替え費用を損害賠償として請求できます。修理費か買い替え費用かについては、車の状態により変わりますが、代車を使用した場合は、代車費用も請求できます。被害者は損害賠償請求ができますが、過失の割合で額は変わってきます。

→→→慰謝料の手続きや流れ